会社が所有する自社マンションの改修工事を横浜で行った充実の成功事例

横浜の安くても良質な施工をする会社に任せる

法人で所有する横浜のマンションの改修工事が成功 / 横浜の安くても良質な施工をする会社に任せる / 工事は3カ月で完了し非常に快適なマンションへと変わる

大きな変更が必要とされたのは、玄関の共用部分です。
このマンションは3か所の出入り口を設けているのですが、オートロック機能はありません。
誰でも自由に出入りでき、エレベーターに乗って各ドアまで向かうことができる古いタイプです。
現在は時代が変わり防犯力を意識する方が増えており、実際に賃貸物件探しをする際には、オートロックの有無を確認する方が増えているという統計も存在します。
このことで、今回の改修工事に合わせて3か所全ての出入り口はオートロック化し、更に備え付けのカメラ付きインターフォンの設置、各ドアにもカメラ付きのインターホンへと切り替えを行いました。

横浜市では「マンション耐震化支援事業」を行っており、同制度のパンフレット内には綱島のマンションにおける耐震改修の事例も掲載されている(写真)~◆綱島街道沿いで“倒壊危険性”ある建物の診断結果を公表、耐震性の確保進まず https://t.co/pln06CzYHK #横浜市 #耐震化支援 #耐震化 #横浜日吉新聞 pic.twitter.com/qfl3xa1wXW

— 横浜日吉新聞 (@hiyosi_net) 2019年3月4日
外装部分は外壁塗装以外にも屋上防水も施工依頼していて、横浜エリアには得意分野にしている会社が豊富だったので安くても良質な施工を約束する会社に任せました。
エクステリアの改修工事は凹凸が目立つようになったアスファルトの打ち直しの他、駐車場の整備と自転車用の車庫の設置、更に防犯カメラの設置まで行い、いたずらや犯罪被害から守れる物件にすべくアイデアを駆使しています。
外壁や屋上、アスファルト工事等については生活を送る上ではあまり目立った負担はありませんでしたが、エレベーターの工事には1ヵ月弱の日数が掛かってしまい、最上階に住んでいる方にはご不便をお掛けしてしまいました。